FC2ブログ

APRIL だよ\(^o^)/

アルパカちゃんもアルパカ君も新しい学年が始まる月です。
このシーズンは新しいアルパカちゃん達があちこち迷う時期でもあるよね。
琉大では英語サポートが充実しています。今日はそのお知らせ!

① あなたの英語学習も味方、”英語学習アドバイザー”に会おう!
英語に関するあらゆる悩みを話しに来ない?左のフォームからメールしてもいいしこのQRコードからメールでもOKです。
advisor adrs QR

② 一人でも夜中でも、外でも英語学習できるe-learning
NetAcademy NEXT”が使い放題!
1年生の新アルパカちゃん達は登録がすむ4月の2~3週目くらいまでちょっと待ってね。
アクセス → http://www.ged.u-ryukyu.ac.jp/flu/anet

③ 学生の学生によるお助け隊
GCC(=Global Commons Concierge)”がいてくれるよ。学生に相談しやすい?そんな人は図書館のグローバルコモンズの芝生のエリアに出没するGCCメンバーに話しかけてみよう。この芝生エリアでは英語を話す練習をしているグループ「しばふENGLISH」もあるよ。

とにかく、英語や海外に関する質問はとりあえず英語学習アドバイザーに聞いてみてね。メール待ってます!


スポンサーサイト



この季節のイベント紹介\(^o^)/

今週火曜(3/17)はSt. Patrick's Dayでしたね。

St.Patrick's Dayとは・・・
アイルランドにキリスト教をひろめた聖パトリックの命日で、欧米では緑色のものやシャムロック(三つ葉のクローバーみたいなもの)を身に着けたりしてパレードやパーティなどでお祝いします。



そして、次の大きなイベントですが、それは「イースター(復活祭)」です

Easterは、春分の日のあとの、最初の満月の、次の日曜日ということになっていて、毎年日にちが変わります。
今年は4/12(日)のようですね。
イースターは十字架にかけられてなくなったキリストが3日後に復活したことにちなんだ、キリスト教では最も重要な日みたいです。
この日は、家族で食事をしたり、カラフルな卵でデコレーションしたり、探しっこしたりします。

やってみる?



さあ、春休みもあと少し、新しい学年の始まりだね🌸


 

春休みと英語

楽しく春休みも英語にいそしんでいることと存じます。。。

3/8に予定されていたTOEIC🄬L&R公開テストはコロナウイルス関連で中止になりましたね。
せっかく備えていたアルパカちゃん、その努力は無駄にはなりませんよ。

より次回のテストまでの学習時間が伸びたと考えるか、
英語を継続していくことに意味があると思うか、
英語学習アドバイザーの春休み講座に参加するかです!!
(できれば最後の選択が素敵💛)

【春休み講座の情報↓】
http://www.ged.u-ryukyu.ac.jp/flu/1215


ぜひ予約して来てくださいね\(^o^)/





Happy Pokémon Day \(^o^)/

Hi‼ 今日は何気にラジオを聞いてたら「Pokémon Day」といってました。それでググってみたら2/27は「ポケモンの日」だって、知ってた?
Pokémonは海外でもとっても人気があります。
カナダに住んでいる甥っ子たちも大好きです。(Narutoも好き♥)

Pokémonの“é”についている「アキュート・アクセント」(eの上のチョン)ですが、これ気になってた?
これは「ポケモン」と呼んでもらうための記号らしいです。
確かに甥っ子たちも「ポ~キモン」的な発音になってます。
カラオケが「カリオキ~」、空手が「カラリ~」みたいにeを「エ」と読まずに「イ」みたいに読むのが英語ネイティヴでは多いです。
そのためだって。
この記号は「発音する時(アクセントとか区別など)注意してね」という印です。

そしてみんなのお馴染みのキャラクターの名前が英語だとちょっと違ったりします。
例えば・・・

■ ニャース ⇒ Meowth
■ プリン ⇒ Jigglypuff
■ カメックス ⇒ Blastoise
■ カビゴン ⇒ Snorlax

でもピカチュウは同じ「Pikachu」です(*‘∀‘)。

ポケモン好きの人もあまり知らない人も、日本に興味ある海外の人はアニメ好きな人が多いのも事実。
こんなのをちょっと覚えているだけでも英語のチャンスに話題が盛り上がるかも⁈ 


Have a happy Pokémon day \(^o^)/



クイズの答え!(^^)!

先日のクイズの答え、すぐわかりましたか?
すぐピンときたアルパカちゃんは、すごい!
わからなかったアルパカちゃんもこれでもう覚えたはず!

答え:Cの22です。

❝catch 22❞

この表現の由来(Wikipediaより):
『キャッチ=22』(Catch-22)は、ジョセフ・ヘラーが1961年に発表した小説。堂々巡りの状況での戦争を、混乱した時間軸のなか幻想ともユーモアともつかない独特の筆致で描いた戦記風の物語。
この小説全体のムードと併せ、特に小説中の軍規22項の運用(例えば、狂気に陥ったものは自ら請願すれば除隊できる。ただし、自分の狂気を意識できる程度ではまだ狂っているとは認められない、としたもの)から来ている。

使ってみてね!



03 | 2020/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
英検準1級単語ドリル 黒猫版

博多のやばいばーちゃん ほんなこて?点取り占い
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2カウンター